cafe de cheer blog

~Cheer Up!みやぎ編集長のブログ。Cheer Up!みやぎの裏話、音楽の話などほっとひといき~
Cheer Up!みやぎはこちらからどうぞ。
http://www.cheerup777.com/miyagi/

カテゴリ: 編集

大変ご好評頂いている企画「私の吹部時代」。
第一線で活躍されている演奏家の、吹奏楽部時代について教えて頂く企画です。
吹奏楽部に入ったきっかけ、思い出の練習方法、今も心に残る曲、そして現役吹部生へのメッセージなど、とても役立つ内容。
現役吹部生の皆さんにお読み頂けたら嬉しいです!

今日は、栗コーダーカルテット(ピタゴラスイッチでお馴染み!)、こまっちゃクレズマ、シカラムータなど様々なバンドやユニットでご活躍の、テューバ奏者、リコーダー奏者の関島岳郎さんにご登場頂きました。


私の憧れのアーティストが吹奏楽部出身だったと知るや、「登場して頂けませんか?」とお願いしたり、クラシックのほうでは畠山渉さんがいろいろな方にご登場をお願いして、順調に回を重ねております。


既に、こんなにたくさん!ご登場下さいましたよ。
見逃していた!という方はぜひぜひお読み下さいませ。



・関島岳郎さん(テューバ奏者)
・田中直起さん(トランペッター、スカフレイムス)
・溝呂木圭さん(トロンボーンプレイヤー、スカフレイムス)
・平川象士さん(ドラマー、熱帯JAZZ楽団)
・菊池澄枝さん(クラリネット奏者)
・石川道久さん(サックスプレイヤー、スカフレイムス)
・熊谷駿さん(サックスプレイヤー)
・千葉友希さん(クラリネット奏者)
・多田誠司さん(サックス奏者)
・戸田博美さん(仙台フィルハーモニー管弦楽団トランペット奏者)


吹奏楽コンクールの季節ですね。
この時期になると思い出すことがあります。

私は大学に進学してから、「吹奏楽部もいいけれど・・・中学高校とたっぷりやったから、大学では別のことにチャレンジしたいな。アルバイトもたくさんやりたい!」
そんな風に張り切って、クラシックギター部に入部。
コツコツ練習していましたが、手が小さいためすぐに指が痛くなってしまい、あまり上達しませんでした。

そして夏になり・・・中学の吹奏楽部も一緒だった先輩から「コンクールでパーカッション足りないのよねえ~」と言われていたということもあり、気持ちがうずうず、ソワソワ落ち着かなくて。

夏休みになった途端、「あー!もう限界!夏は吹奏楽だよね!」と大学に出かけていって、「入部します!」
そして、大学四年間は吹奏楽ざんまいの生活を送ったのでした。

その夏、コンクールで演奏したのは「アルメニアンダンス part1」。
主にグロッケンを演奏しました。
この曲を聴くと、「思い切り吹奏楽をやりたい。パーカッションをやりたい!」と思ったあの夏の熱い気持ちを思い出すんですよね。

今年は休みが合えば、吹奏楽コンクールを久しぶりに一人で聴きに行こうかな?と思っています。
ドキドキしながらステージに向かったり、結果を待っている現役の皆さんの姿を見たらキュンとするだろうなあ~(笑)。

私にとってCheer Up!は何なんだろうなあ?って思います。

Cheer Up!みやぎの方は、宮城県の吹奏楽と音楽シーンの活性化を応援したいという明確な目的があり、新たな試みです。
畠山渉さんと出会って一緒にこのサイトを作って活動しよう!ということにならなければ、作ることはなかったのではないかと思います。

Cheer Up!みやぎについては、提携サイトWind Band Press様の梅本編集長にインタビューして頂き自分の考えをまとめることが出来ました。

「吹奏楽部で活動する学生さんたちに、幅広いジャンルの音楽の楽しさを伝えられたら」 インタビュー:「Cheer Up! みやぎ」編集長(Wind Band Press)


Cheer Up!とCheer Up!みやぎは、記事によっては連動させてはいますが、基本的にCheer Up!は別物と思っています。
今のところ、Cheer Up!は他の人と一緒に組んだり連携・提携はしないと思います。
自分自身が、アーティストの皆さんと一緒に記事を作る場所だと思っています。

Cheer Up!では、インタビューの面白さに目覚め、多くの方にインタビューしてみたい!という気持ちが強まり、2014年、2016年に東京に行って、出来る限り多くの方にお会いしてのインタビューを敢行しました。


学生時代から大好きなバイオリン奏者、中西俊博さんのご自宅にお邪魔して、即興演奏や作曲のことについて詳しくお伺いしたり、これまた学生時代にアルバム「マサエ・ア・ラ・モード」に出会ってから大好きなシンガー、大野方栄さんのご自宅にお邪魔してニューアルバムについてじっくり伺ったのも最高の思い出です。

中西俊博さんインタビュー

大野方栄さん「パンドラ」インタビュー


2016年から今年にかけては、メールインタビューも直接インタビューも怒涛のように行っていますね。
相変わらず試行錯誤だし勉強中だし、自信がなくてガクッと落ち込むこともあります。
そんな時に話を聞いて下さったり、励まして下さるのもアーティストの方々です。
直接お会いした時のインタビューで、後半は私の人生相談になってしまったこともありました。ビジネスもやっているアーティストのアドバイスはとても実用的です。
人脈を紹介して下さる方、精神的にダメダメな時にメッセージで励まして下さる方、本当にお世話になっているし、有難いですよね。
だから、私も、アーティストの魅力をたっぷり紹介して、さらに宣伝効果も高まるようなサイトにしていきたいと思うのです。

2つのサイトを持っていると、なかなか大変ではありますが、ライフワークとしてやっていきたいですし、今後どのようなマガジンにしたいのか?明確なビジョンを持てるように、まずは一つずつ記事を丁寧に作るしかないのだと思っています。

(完)

本日は久しぶりに「演奏会情報」を更新しました。
宮城県で開催される吹奏楽の演奏会情報を中心に、クラシック、合唱、ときにはジャズや現代音楽などジャンルにこだわりなく掲載させて頂いております。


情報源は、メディアテークや楽器店に行った時に頂いたチラシがメインです。
完売していた、内容が変更になっていた、というようなトラブルを防ぐため、実際に行ってみよう!という場合はリンク先で最新情報をご確認頂けると幸いです。


実は以前、姉妹サイトのCheer Up!のほうで、お世話になっているアーティストの皆さんの最新ライブ情報をこまめに掲載しようと頑張っていた時期があるのですが、何しろ全国区で毎月となるとなかなか一人では難しくて挫折。


でも今回は、会場を宮城県に絞っています。
自分自身「あのコンサート行きたかった!ライブ情報わからなかった~~」って後からガッカリすることが多いので、なるべくアンテナを張って掲載しようと思います。


Cheer Up!みやぎも、「私の吹部時代」が始まって、いよいよ本格的に動き出しました。

第一線で活躍されている演奏家の皆さんの吹奏楽部時代についてお伺いする企画です。
この記事は、古びることのない内容です。
現役の吹奏楽部に入っている学生さんがいつ読んでもいいように、と思い企画しました。
悩んだ時、辛い時、練習に困った時、演奏家の皆さんにも吹奏楽部時代があったんだなあ~!こういう練習法もあるんだなあ、って読んで頂けるように。


演奏家の皆さんも若い方々の役にたつなら!と快く書いて下さいました。
続々更新しますので、こちらもよろしくお願いします。

感想やお問い合わせ、Q&A(吹奏楽にまつわる質問や悩み事)もお気軽にお寄せくださいね。

こんにちは!
音楽WEBマガジン「Cheer Up!」並びに、宮城県の吹奏楽、クラシックを中心とした音楽サイト「Cheer Up!みやぎ」の編集長です。
本名はあまりネットに出していないので、REIKO というハンドルにします。

この度、ブログを始めることにしました。
音楽、映画、本など楽しい内容を読みやすく綴っていきたいと思います。


今回は、Cheer Up!プロジェクトについてご紹介します。

私は2000年~2006年にかけて、音楽好きな仲間と「peppermint patty?」という名前のフリーペーパーを作っていて、カフェ、CDショップ、雑貨店などに置かせて頂いていました。
音楽、雑貨、カフェ、グルメなど女のコの日常の幸せをテーマにしていました。

音楽については、インディーポップ、ギターポップ、90年代にフリッパーズギターをはじめとして「渋谷系」と呼ばれた音楽などを取り上げていました。

フリぺ発行の経験で、文章を書くこと、編集すること、同じ趣味を持つ仲間と何かを作ることの楽しさを知りました。
そして、今度は自分が中心になって音楽雑誌を発行したいと思い、mixiで仲間を募って「Cheer Up! Vol.1」(紙媒体の冊子です)を作りました。

本当は定期的に発行していきたかったのですが、一番協力してくれた友達が亡くなったこと、そして紙媒体をデザインして発行していく余裕がなく、このプロジェクトは滞ってしまいました。

普段は会社勤めですし、日常に埋没して夢も薄れてきたころ、雑誌を作った仲間の一人から「WEBマガジンならお金も大してかからないんじゃない?このまま何もしないのはもったいないよ」と言われました。


そこで始めたのが、音楽WEBマガジンCheer Up!です。


最初の数年は試行錯誤の連続。
でも、いろいろな方がコラム連載して下さったり、特集の趣旨に賛同して寄稿して下さったり、多くの方の協力のおかげで、WEBマガジンはなんとか続いていきました。


ある時、大人気のイラストレーター中村佑介さんが組んでいるバンド、セイルズのメールインタビューをすることになり、「インタビューって面白いな!」と興味を持つようになりました。

セイルズ インタビュー


さらに、80年代の人気アイドル竹本孝之さんに初めての直接インタビューをさせて頂きました。
竹本さんは年齢を重ねてますます素敵になり、時々TVのバラエティにも登場、シンガーソングライターとして精力的にライブ活動をされています。

竹本孝之 インタビュー


人生初のインタビューが竹本さんで本当に良かったと思っています。
なぜなら、芸能界の第一線で活躍してこられた方なので、音楽の知識のみならず、役者のお話、芸能界のシステムのお話、そして人生観。本当に様々なことを語って下さったんです。
竹本さんのお話に私自身がとても元気を頂いたし、竹本さんの魅力がたっぷり伝わる記事にしたいと思いました。
そして、インタビューをするには、自分がいつも沢山勉強していかなくてはならないんだなあと思いました。

今もインタビューというテーマに夢中です。
このブログでも、インタビューに登場して下さった素敵なアーティストの皆さんについてご紹介していきたいと思います。

このページのトップヘ