何回かに分けて、私自身の、吹奏楽部・吹奏楽曲の思い出について、書いてみたいと思います。

私が吹奏楽と出会ったのは中学一年の歓迎会のとき。
吹奏楽部の先輩方が「愛するデューク」と「ディスコ・キッド」を演奏しました。

私は小学生からエレクトーンを習っていて、ポップスが大好きだったので、「なんてかっこいい曲!」と感激しました。
そして、感激したのは曲のかっこ良さだけではありません。
女子の先輩が、迫力あるドラムを叩いていたこと!
「すごい先輩がいるんだ!」と感動したと同時に、自分もドラムを叩いてみたくなりました。

と言いつつも、いざ吹奏楽部に入学する時は、「やっぱりフルートやクラリネットもやってみたい」と希望したのですが、木管楽器の希望者が多くて、パーカッションパートになりました。


先日、大学の吹奏楽部のOBOG演奏会に久しぶりに出演したのですが、パーカッションは自分で練習できないのが厳しいなぁ~と痛感しました。
自分でグロッケン買いたいな、と一瞬思うほどに。
「コンサートマーチ 五月の風」のグロッケン、もっと練習して華麗に演奏してみたかったですね(;;)
自信がないので、こっそり柔らかめのマレットで叩きました。


中学の吹奏楽部の話に戻りますね。
こうして思い出すと、書ききれないほどのエピソードが蘇ってきます。

朝練で、中学校の周囲を3周走って体力作りをしたこと。
シンバルを持って腕をまっすぐに伸ばして腕の力をつけようとしたこと。
初めての吹奏楽コンクール、「序曲祝典」ではパーカッションの人数足りなくて、タンバリン叩きながら譜面台にかけたトライアングルを演奏したこと。

中学2年で先輩からドラムを引き継ぐことになった時の嬉しさ!
昼休みは早く給食食べ終えて、練習室でドラムの自主練習していました。
カシオペアの神保彰さんのドラミングに憧れていたので、神保モデルのドラムスティックを買って愛用してました。
ドラムデビューは、ABBAの「ダンシング・クィーン」でしたね。ヘロヘロな演奏だった記憶があります。
ミディアムテンポは、かえって難しいんですよ・・・。

中学3年の文化祭では、「ウェストサイドストーリーメドレー」とか、かなり多くの曲でドラムを叩いたものの、曲名は覚えていません。確か「ディスコキッド」もやったのかな??
小学生の時にずっと私と派手なケンカ(殴り合い)をしていた男子が、なぜか「お手並み拝見してやるぜ!」と友達に伝言して、彼には似合わない場に聴きに来たことだけ覚えてます。
演奏後の彼からの伝言は「なかなかやるじゃねえか」でした(笑)
音楽は、仲が悪かった人との空気をやわらげてくれる効果も、あるのかもしれませんね。 


次回は、高校・大学の吹奏楽の思い出を書いてみたいと思います。